AIWA HS-P15:ジャンクから購入

ジャンクコーナーから、AIWAのカセットプレーヤー「HS-P15」を買ってきました。

「テープ回りますが、音が出ません」という症状で、テープを入れて聞いてみると確かに「ブーーー」というノイズばかり聞こえて、テープの音が聞こえません。

しかし、音量を上げてみると、ノイズに紛れてテープの音がかすかに聞こえます。

 

早速分解してみることにします。

 

外観とプレーヤー概要

f:id:NabeSun:20210907195016j:plain

分解する前の外観を撮っていなかったので、フロントボディーの写真を載せておきます。
旧ロゴの「AIWA」ですね。

情報がほどんど無いので不明な点は多いですが、至ってシンプルなカセットテーププレーヤーのようです。

重低音強化機能とテープセレクターを備えている以外は、特筆すべき点は無いようです。

 

バックパネルを外しました

f:id:NabeSun:20210907200028j:plain

中身も結構シンプルです。

なぜか水滴が付いていたのですが、いつ付いたのでしょうか。

3か所からリード線が出ていますが、「再生ヘッド」「モーター」「スイッチ」から出てきています。

まずは、「再生ヘッド」「モーター」のリード線を取り外し、「ブーーーー」という音が止まるか見てみます。

 

モーターをつなぐとノイズが出る

リード線を外してスイッチを入れてみると、ノイズが出なくなりました。

音量を上げてみてもホワイトノイズだけ大きくなり、「ブーーーー」というノイズは一切聞こえません。

ここで、再びモーターをつないでみますと、ノイズが出てしまいます。

モーターが原因だと思い、似たようなモーターをつないでみたのですが、結果は変わらず。

モーターそのものが原因ではなかったようです。

 

原因がよくわからないので、ここまで

これ以上はよくわからないので、ここでやめることにしました。

安価なプレーヤーだったようですし。

それと、このプレーヤーは早送りと巻戻しで巻き上げ速度が違います。

早送りの速度は、再生時の巻き上げ速度と同じになっており、かなり遅いです。

メカを見てみると、早送り用のギアが省かれているようです。

おそらくコストを上げずに小型化するためだと思われますが、実際に使うとしたらかなり不便ですね。

 

実は、このプレーヤーを買った理由はもうひとつあるのですが、それは後日書くことにします。